<< Ibanez PS10LTD(Paul Stanley Model) '95 | main | Abalone Inley >>
2011.06.14 Tuesday

EMG PJピックアップに交換&配線整理

0

    買ってそうそう、しかもガシガシ弾き倒しが出来るほどのテクもないですが、やっぱり本物に近い仕様にしたいと思ってスペック表をにらめっこを暫くの間していました。
    スルーネックの所がボルトオンだとか、ナットにブラスが使われていたりする所は、どうしようもない部分や交換するのはちと面倒っていう部分はこの際目をつぶります。
    で、気になっているパーツは以下の通り。

    • Pickup:EMG-PJ Active Pickup Set
    • Fingerboard Inlay:Abalone Diamond
    • Machine Head:Schaller M4

    どうしても気になっていたのが、ピックアップでした。
    実は買う前に姿格好の比較はして、ピックアップもそれっぽい感じでそのままでいいやって感じでいたんですが、よく見ると本物の方はカバードタイプでポールピースが見えないタイプなんですね。
    普通にしてりゃ判らんのかもしれませんが、気になりだすと気にしてしまうのでEMGのPJというモデルである事が判り、値段を確認したら¥20,000〜¥24,000程度。
    流石にそんなには出せないなーと諦めていました。で、この標準搭載のMIGHTY MATEなるメーカの製品ってどんなモンなのか、確認してみたんですが胡散臭いHPとなんだかわからない商品で一気にこのまま使う気が失せてしまいました。まぁあまり期待していなかったんですが・・・。

    それでも音自体に不満はないのでポールピースを隠すようにカバーしてしまえ!と光沢の無いDVDケースの素材がEMGのそれっぽかったので、ピックアップのサイズに切り出して貼る加工をしようとしていました。


    しかし実は諦めきれていないのでネット散策をする日々でしたが、良いタイミングでEMGの旧ロゴのPJモデルが中古で出ていたので、少々考えた後購入を決めました。
    最近のモデルは配線部はコネクタ化されているようで、ハンダで付ける必要が無いんですね・・・つまらないです。
    ジーンの使っているのもこの旧ロゴタイプだし、まさにドンズバなので楽天のポイントを使ってさらに安価に¥9,000台で手に入れました。(ラッキー!!)

    注文から数日経ってピックアップが届きました。帰宅が遅くなっていたんですがやはり気になって半分徹夜作業で搭載してみました。
    届くのが判っていたので、9Vバッテリーをコンビニで買って帰るつもりが、すっかり忘れていたのでバッテリー無しで組み上げた後に音出ししました。
    アクティヴタイプなのでバッテリーが無いと本来の音はしないんだろうなと思いましたが、思いの他音が出たので、「出るモンなんだ」と関心したんだけどPのD/Gサイドの音が出ない。
    PのE/Aサイドは音が出るのに・・・勿論、Jも。やっぱり中古だからかなぁと諦め顔になってしまいました。落ち着いて考えて週末にバッテリーを買って試してみる事にしました。すると何の問題もなく全部音が出ました・・・(^-^;;;

    安心した後では出てくる音がなんだかジーンぽく聞こえてくるのが不思議なもんです。

     

    元々のパーツにピックアップを付け替えただけの状態だったので、時間を掛けて配線のやり直しをする事にしました。この配線はピックアップを交換しただけの状態です。
    そこらじゅうから黒い線が出ていてボリュームポッドに山盛りハンダで繋がっていました。
    その黒い線は、一応導電塗料が塗られたピックアップのキャビティ部に付けられたアース線だったり、ブリッジのアースもろもろで、この1点で盛らなくてもいいだろって位のハンダ付けでした。
    まぁ繋がってりゃアースも利くだろうし、導通も問題ないから構わないんだけど、見てくれは酷いものでした。(EMGはアース自体関係なかったりするんですが)
    それにしてもコントロール部のザグリ具合は見えない所とは言え、汚い仕上がりでした。
    導電塗料が乗っているんで黒くて最初は気が付かなかったんだけど、左上のラインはギザギザです。
    配線材料もチープな感じだったんで、結局配線材料も含め見直しする事にしました。
    トグルスイッチのカチっと感が小気味良い感じでしたが、中を見ると安っぽいスイッチでバラけると嫌だなぁというのもあり、国産品ですがBELDEN製の配線材料と共に購入しました。
    左下の写真の時は手持ちにある配線材料を使って整理した時のものです。ポッド類はEMGのピックアップに付いてきたものを2つ使っています。
    ジャックは利用出来ないので買わなきゃいけないかなと思っていたんですが、付いていたジャックが3端子になっていたので、ステレオタイプだとすればそのまま使えるのでこの時は試しに付けたらちゃんと使えたのでよしとしていました。

    でも、ナンだかワケが判らないヤツなんで配線材料と一緒に国産品のステレオジャックも一緒に買っています。(後に付け替えるんですが、プラグを挿した感じがカチン!というのではなく、ヌルって入るのと同じ様に軽く抜けるので、元のジャックに戻しました)

     

    肝心のEMGの載せ替え具合の写真がありませんでした・・・。
    Pタイプの方は問題なく納まりましたが、Jタイプはザグリがほんのちょっと小さくて、ちょっと押し込み付けたので配線材料が到着した際に全部やり直しています。
    スプリング入りのピックアップのスペーサーもアースベース付きのものに付け替えて、キャビティに直付けしていたタグ端子もろとも外しました。この時にJ側のキャビティを配線の逃げとキツイ所をヤスリがけして心持ち広げてヘンにピックアップに負荷がかからないようにしました。これで安心です。
    上の写真ではバッテリの置き場は特別に無く、スポンジを巻いて空きスペースに納めましたが、ちゃんとバッテリの保持金具を買ったので、位置を決めて留めました。
    ネジ留めはせずに瞬間接着剤で貼ったので、衝撃で導電塗料膜と一緒に剥がれる可能性はあったりしますが、その時はその時です。

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM