<< Schaller Bridge 3D4 | main | Schaller Machine Head M4a >>
2011.08.07 Sunday

Brass nut

0

    さて、ちょっと手を出しちゃいけないエリアに足を突っ込もうとしています。
    この時点で、まだヘッドの塗装が完全に終わっていないので、何も触れずでつまらないのでついにBrass Nutの製作に取り掛かろうと思ってしまいました。
    ただ、オリジナルがどんなスタイルというか格好なのか気になったので、またもや友人に御願いしてヘッド周りの写真をいっぱい撮ってもらって検討しました。
    左の写真でほぼ長方形(カマボコ型)のブラス製ナットが4弦側高、1弦側低の状態でセットされています。
    このカマボコ型ってのは意外だったなぁ(後でまた新たな発見をするんだけど・・・)。
    寸法も測ってもらってネットで目星を付けていたブラス製ナット材では高さが足りない事が判明。
    さてどうしたものか・・・という事で、ハンズや近場のホームセンターで金属材のコーナーを探しに探したんですが無くて(店の中で探しただけか)、もう金色のペイントマーカーを買ってきて、今の黒のナットを塗ってしまえ!と短絡的に考えたんですが、そんな中途半端な事するんだったら、塗らない方がいいと心に決めとりあえずヘッドの塗装に専念することにしました。 でも、やっぱり気になっちゃうっていうか、何かイジっていたい感じなんですよ。
    で、材料をまた探し始めたワケです。楽器屋サイトやリペア専門サイトに個人で改造やリペアをしている方の個人サイトまで見ました。

    そこで材料が見つからない絶望感と同時に、加工の難しさを痛感してしまったりしていました。

     

    そんな中、オリジナルの写真を送ってくれている友人からメールが入り、ナット部分に新たな発見が・・・と。
    で、なんだなんだ!?と写真を見ると、どうやらこういう事のようだった。
    右の写真は黄色のラインが指板とナットの位置関係なんだが、1弦側(左側)のナットの底辺は指板と同じラインなんだが、4弦側は1mm程度指板が残っている。
    ナットの寸法を測って送ってもらった内容だと、高低差は1mmしかないのに、上の写真の様にかなりナナメになっているように見えるのが実は疑問ではあったのだが、よく見てみればなる程そういう事かという発見だった。
    これは言われるまで気が付かなかった。
    しかし、Punisher-2の指板は左右均等になっているのが確認をして判ったので、オリジナル通りのサイズではなく現状のナットのコピーでオリジナル風になるようなデザインで作れればいいな、と思い始める。
    ちょうどオークションサイトで真鍮の端材が500円位で出ていたので、即決落札させてもらい到着を待った。

     

    C2801Pってナンだ?
    と、気になったのでWikiあたりで調べてみると、C2801=六四黄銅[銅:約60%、亜鉛:約40%という事で、黄銅と亜鉛の混合比である事が判った。
    どこかのサイトのブラスナットの説明にC2801Pって書いてあったようにも思うので、ナット材としてはまぁいいかという感じです。
    ま、と言っても買ってしまったしね・・・

    で、加工が一番気になっているんですよ。
    以前のジーンベース改造をした際に、ダミーピックアップを作ろうとアルミの板をノコでカットしていたら、見事にテーパー状にナナメ切りになってしまい結局ハンズに持ち込んで図面を渡してカットしてもらった苦い思い出があるので、かなり不安です。
    しかもアルミより堅そうな真鍮だもんなぁ。
    それでもまずは平坦の出ている辺を底辺に見立て、幅4cm・高さ1cmを目標に金ノコで切っていきます。
    金ノコに握りが無いので手は痛くなってくるわ、押さえで添えている指先はマメが出来ちゃうわで、結構シンドい作業です。
    プロが面倒くさがるのも判る気がすると同時に、加工賃が材料費込みにしても高くなってしまうのも頷けます。
    最期の最期にぐにゃって曲がるのも嫌なんで、切って出来た隙間と同じ位のスペースをキープできるように適当な位置にスペーサーを挟んで動かないようにマスキングテープで仮止めしておいて、切り落とします。無事、ぐずぐずにならずに約4cm x 1cm x 7mmの角材が出来ました。

    これがナットのベース材になります。先が長いなぁ〜。

     


    細かなサイズを調べにゃならないんで、いよいよネックから今のへっぽこナットを外します。
    セオリー通りにヘッド面とナットの間にカッターで切れ目を入れて、ネック側にカマボコ板を当ててドライバーの柄の部分で「カコン!」と軽く叩いたら、ポロっと落ちました。
    外した後は見ての通りナンだか汚くて、余計な接着剤は綺麗削り取って平面を出しておきます。
    さて、ナットも取ってしまったし、若干後戻り出来ない感を作っておいて、萎えそうな気持ちを振るい立たせるようにブラスの角材に気持ちを集中していきます。
    加工するにあたってホームセンターで小さな万力とヤスリと、足りない力を補完出来るかも?と電動ドリルにつけるヤスリ関連ツールを買ってきました。
    で、この鉄鋼用平やすりとドリルにつけるヤスリのディスクは重宝しました、マジで。
    平面を出すのに平ヤスリを使うんですが、細かい削りカスが出る程の削り具合なので、微調整時に使うのがメインです。

    ざっくり形を造形するには骨が折れる作業なので、ディスクでグリグリと削っていきますが、意外に思いのまま削れてくれました。

     

    レスポールあたりのナットの削りだしで、角にRを付けるなんてのも簡単に出来そうです。
    削った面は流石に粗いので仕上げ作業は別途必要になりますが・・・。
    右の写真は切り出した角材をあれやこれやの手を使って加工していく前で、おっかなびっくりディスクで削って最初の台形を作った所です。目指すは左に置いた元のナットの形です。
    まだ思い切って角度を付けたりしていないんで、全体的に大ぶりな感じですが、削りすぎて修正も出来ないのでここは慎重にやるしかありません。

    焦らず作業をする為に、外したナットの大体の寸法を測って図に落とします。

    図に描いても工作機器を使ってキッチリ仕上げられるワケではないので、どこかアバウトになるんですけどね。

     

    左の図は寸法を測ってメモったもの。
    いい加減に書くとやる気が失せるので、角度とかは適当だけど作っている最中にイメージが掴みやすい様に書き出している。
    ナット幅と上の弦溝と弦間の寸法を足した数値が合わないのはご愛嬌。
    (実際はナット幅は上に行く方向にすぼんでいるので、40mmは無い)
    ネック側は直角としてヘッド側を少しナナメになっているものとして考えた。
    ナナメの角度も測っていないのでイメージだけっていう感じ、実際は現物合せで調整するので流石に角度までは実測する気にはなれなかった、そこまでは必要じゃないしね。
    これで、真鍮の角材からナット形状へ削りだす準備が整いました。

    失敗は許されないので(まだ材料があるので作れるんだけど、またあの苦労と痛い目をして切り出すのは嫌だから・・・)慎重に作業を進める事にします。

     

    で、削る作業も実は結構短時間で出来てしまって、終わってみると拍子抜け。
    右の写真は大筋出来上がってペーパーがけを800盤〜1000盤〜1500番〜2000番とかなり丁寧に作業して、コンパウンドで磨いてさらにクルマ用の超ミクロンコンパウンドで磨きあげた所。
    指板に貼ってしまう面にけがき針で完成日の日付と名入れしときました。
    磨き込む前段でかなり完成度が高かったんですが、現物と合せるとヘッド面側の角度が浅くてテンションがキツめだったので、オリジナル通りに角度を付け直しています。
    弦溝もそれに合せて角度を付け直して彫っています。
    この弦溝・・・殆ど金ノコと平やすりで仕上げてしまいました。当然金ノコのデコボコ感はあるので1mmのドリルビットをバイスに付けて丸ヤスリの様に、回転させながら細かく削って面研ぎしました。
    金ノコも半円を描くように動かしながら軽く引いて削ると上手い具合に削れてくれたので、かなり満足しています。
    仕上げにペーパーがけを丁寧にしていますので、弦が引っかかってしまうようなことは起きないと思います。


    最終的に切り出した真鍮板に切り出し前の位置に出来上がったナットを置いて記念撮影(上左側)。
    こんなに削ったんですねぇ・・・指が痛いハズだわ。
    ここまでの作業で約2日間、かなり効率的に出来た作業の結果ではないでしょうか。
    コンパウンドで磨いた姿でも、金っぽい輝きで美しいのですが、いずれ黒ずんで朽ちてしまう感じなので、ここはオリジナル性を出そうと思い(音的に影響があるかどうかは別として)金メッキを施すことにしました。

    本来は弦やネックの状態などで弦穴を削って調整する部位だと思うんですが、その時は遠慮なくヤスリを入れてしまえばいいかなと思っています。

     

    すでにPS10LTDのメッキパーツの作業で慣れているので、手際良く進めます。
    まずは綺麗に洗浄してさらに脱脂処理をして水ですすぎ、先にニッケルメッキを施します。(最初は銅メッキをしてニッケルメッキをし、最後に金メッキかなと思ったんですが、そもそも黄銅って位で銅なのでいいかな、と)
    せっかく綺麗に輝いていた黄金色がみるみるうちにシルバーっぽいものになっていきます。一通りニッケルメッキ層が出来た所で、水洗していよいよ金メッキを施します。
    弦の溝にも充分行き渡るように処理をして出来上がり、この辺りの時間は約15分程度、かなり気軽にメッキが出来る時代です。
    これでくすんでしまうのはブラス特有の見栄えではなくなり、メッキ特有のものになっていくかもしれませんが、大分オリジナリティが押し出せたかなと思います。
    ヘッドの処理がまだ済んでいませんが、もう接着して付けてしまいましたとさ・・・・。

    さて、改造の記録もあと残すところ僅かになってきました。

    まだなんだかイジっていたい気もしますが、楽器本来の目的から外れてしまうので、そろそろちゃんと音だし出来るようにしたいです。[
     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM