<< Truss Rod Cover | main | After Works2 >>
2011.09.10 Saturday

After Works

0

    ミラーっぽくないので最終的には納得がいっていませんでした。
    それでもアルミ板で作った素材を上回るモノが見つからなかったので、長い時間熟考することが出来ました。


    ホームセンターでアクリル板の裏からスプレーするとミラーになるモノを買ってきました。でも、これでやると奥に反射板があるイメージなんですね。
    Punisherを見ると奥ではなく、表面が光っているプレートのようです。材料が何かは判りませんが表面に光る粗素材を考えてようやく辿りついたのが、銅板にニッケルメッキを施すというものです。

    シェイプもちょっと細くしようかとも思いましたが、やめて-2についていたカバーに銅板を付けて磨き込んで、最後にニッケルメッキをしています。

     

    こちらは遊びで作ったボディ裏のコントロールキャビティのカバーです。
    上で買ったスプレーを使った1作目はジーンのサインを彫る為に、子供が小学校の時に使っていた「彫刻刀」で彫りました。
    途中ツルっと滑ってキズが付くので、結局ルーターを買い込んで丁寧な作業をする事が出来ました。最近のジーンのサインイメージではありませんが、まぁいいでしょう。
    こちらはクリアアクリル板の裏にジーンのサイン字体とPunisherのイメージ文字を配置して鏡像で彫って、最終的に黒のペイントを埋め込んでいます。
    で、肝心のミラー化ですが、スプレーはやめて銅版の表面側にニッケルめっきを行って仕上げています。
    EMGのピックアップ搭載とはいえ、カバー裏にアルミ箔なんかを貼るのも面倒だし・・・中途半端なサイズだしで・・・。
    0.3mmの銅版買って来てトラスロッドカバーとこちらのカバーを作りました。
    取り付ける際にはザグリ部分のガタガタな所や、導電塗料が尖っているところなんかをルータを使って綺麗にしました。
    精神的にもバッチリです。
    映り込みもシールド効果も良いと思います。

    これで本当に作業完了です。あー楽しかった。

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM