<< Epiphone Tommy Thayer "Spaceman" Les Paul Standard Outfit | main | ノイズ対策など >>
2015.03.26 Thursday

買ってしまいました

0

    2015年KISSがまた来日するというニュースと共に、ポールがIbanezのPS10モデルに戻ってきたという話が舞い込んできていた。
     市販モデルも出るのだろうが、どうも高くなってしまうだろうし、手にすることは出来ないと思っていた。
     案の定、PS10と名のついたモデルは40万近い値段になっていそうで、とても道楽では買えない。
    その下のモデルはPS120BKというモデルだったが、特徴的な部分が異なっていた。

    PS120BK

    まずペグがGROVERタイプのメタルノブを持ったもので、ブリッジもジブラルタルブリッジではなく、テールピースも似てはいるものの斜めにスリットが入った別なものだ。
    もっと細かい部分で言えばナットはIbanez独特のブラスを使ったハーフ&ハーフではなく、普通のナットだしトラスロッドカバーにサインがあるものの、どうやらプリントっぽい。
    ヘッドのバインディングはひと巻きでちょっと寂しい感じ。ネックはセットネックでバインディングの巻き込み部分がボディ部止まり、当然ネックの仕込み部分も異なる。
    とはいえ、ディテールは結構PS10ライクで、ポジションマークもパールとコンビで21フレットのポジションマークには「PAUL STANLEY」と書かれている。
    LTDには「PAUL STANLEY」とは書かれていないので、クロームパーツにクロームミラーにちょっと心奪われていた。


    それでも値段的にはちょっと買えそうもないかなと思っていた矢先、113,000円程度と友人のfacebookの書き込みで知り、オーダー受付の報を聞いてあっという間にオーダーを済ませてしまった。

    KISS来日の高揚感もあって・・・・・

     

    ブリッジは諦めるとして、マシンヘッドのパーロイドのボタンはどうにかしたいものだった。けれど、どうやって手に入れればいいのか分からない。
    オークションで探してみるとメタルノブの同形モデルが出品されていたが、どうしても気に食わず見逃し。
    そうこうしているうちに楽器店から入荷の知らせが入って、どうやらファーストロットで手に入った模様だった。
    いざ手にして見ると、先の違いが目立つものの持ってみるとLTDより軽く取り回しが凄く楽なギターで、トミーモデルはギターケースに入ってしまった。
    ダンカンPUは鳴りは申し分なく、とりあえずこのままで・・・。
    トグルスイッチはとてもスイッチングが出来るような代物ではなく、カチカチとしっかり止まる感じ。
    スイッチカバーも何だか長く見えてカッコ悪い。
    ちょっと嫌になってきたが、やっぱり自分のモノにしたいので、内部の酷い配線をやり替え、シールドをしっかり処置してノイズを極力排除する事にする。

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM